事例紹介

ホーム事例紹介 > 信用補完のオリジナル保険開発

信用補完のオリジナル保険開発保険

家賃債務保証業

保証債務を保険料(コスト)として圧縮

経緯 賃貸オーナー、賃貸管理会社への保証業務の確実性・信用増加の為、自社保有リスクを限定する事と、業界団体へ推奨を取り付けるため。
導入メリット 家賃保証会社は、一定期間以降の保証債務を保険化することにより自社保有リスクの確定を可能としました。信用性が上がったため、取り扱い不動産会社が増加しました。

不動産賃貸業

サブリース事業の月次家賃送金を補完

経緯 賃貸オーナーへの送金信用性UPを検討
導入メリット 一括借上契約の逆ザヤになった際、一部を補填する同業他社に無い商品を開発する事により、賃貸オーナーへの送金の確実性・信用増加に貢献しました。

電気機械器具卸売業

太陽光システム販売事業会社の販売時、電力買取計画の補完

経緯 2015年1月に出力制限ルールが改定され、対象となる地域・システム容量に対して販売する際、電力買取シミュレーションが不確定性を含むものになり、購買意欲が低下する恐れが有りました。
導入メリット 出力制限時の不買取金額の補填を保険化することにより、購入者の不安を取り除く事を可能としました。

※お客様情報保護の観点から、内容の一部を加工・変更しております。

It's only fair to share...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+