事例紹介

ホーム事例紹介 > 少額短期保険運営コンサルティング

少額短期保険運営コンサルティングコンサルティング

I.S.C.での少額短期保険業運営コンサルティングの例をご紹介します。

新商品開発

お客様

少額短期保険会社(家財系)

お客様のご要望

会社設立以来、賃貸住宅入居者向けの家財保険の販売をしてきたが、代理店の獲得競争も激しく、保有契約件数も伸び悩み始めたので、新たに賃貸住宅のオーナーまたは管理会社向けの保険を開発し、収益の拡大を図りたい。

当社での業務受託内容

商品内容の検討からスタートし、届出書類の作成、財務局との折衝支援、募集ツールの作成まで一貫して支援しました。

  • 商品内容の検討
  • 保険料算出のための基礎データ収集
  • 保険料試算
  • 商品概要書・数理概要書の作成
  • 約款・事業方法書・算出方法書の作成
  • 保険計理人の意見書の作成
  • 募集ツール(申込書・パンフレット・重要事項説明書等)の作成

体制整備支援

お客様

少額短期保険会社(家財系)

お客様のご要望

スタッフの人数(特に保険業務精通者)も少ないことから、日々の業務に追われてしまい、少額短期保険業者として求められている体制を整備することがなかなかできない。
会社設立当初に制定した内部規程類についても、組織、業務内容等の変更に合わせて改定できておらず、実態とのかい離が生じてしまっている。
一度、外部の専門家を入れて改善必要内容の洗い出しを行い、改善についても継続的に支援して欲しい。

当社での業務受託内容

現在の資料の精査、業務実施内容のヒヤリング行い、改善必要箇所のレポートをまとめ、そのレポートに沿った改善対応を支援しました。
主に以下の内容について確認をし、改善対応を行いました。
また、改善対応が一通り完了した後も継続して外部監査の位置づけで、定期的に業務実施状況の確認、レポートの作成を行っています。

  • 組織、人員体制、外部委託の状況
  • 規程、マニュアル類の整備状況および記載内容
  • 保険募集、代理店管理、契約管理、保険金支払い等の主要業務の実施状況
  • 内部監査、代理店監査等の実施状況
  • その他、法令、監督指針、検査マニュアル等で対応が求められている事項

※お客様情報保護の観点から、内容の一部を加工・変更しております。

It's only fair to share...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+